本とコーヒー

一昨日書いた文中では「コーヒーと本」と書いた。今日は「本とコーヒー」と並びが変わった。たまたまそうなっただけで、特に意味はない。

📚☕

ハードワークが続いて少々疲れたとしても、陽射しを浴びながら歩けば移り変わる景色が――視覚から別の感覚に変化して――身体の隅々に滲み込んでくる。その後に本とコーヒーがあれば言うことはない。もっとも今のような時期に陽射しを浴びるのは危険このうえないが……。

📚☕

『カフェの扉を開ける100の理由』という本がある。理由を100も付けられないし探せもしないが、一つでいいから理由はそのつどあるほうがいい。日常茶飯事だけれど、カフェの扉を開ける行為を無意識にしてはいけないと思うから。

📚☕

ブックカフェには業界なりのきちんとしたコンセプトがあるのを最近知った。

たくさんの本に囲まれ、カフェでゆっくりした時間を過ごす。(……)
「コーヒーを飲んでほっとする。落ち着いた空間で好きな本を読めたら……。」
「本好きな人が集まる場所で、本を中心としたコミュニケーションがとれたら……。」
ブックカフェは、そんな思いをかなえる空間であり、カフェと本屋が合体したお店のことです。
(西日本ブックカフェ協会)

📚☕

本とコーヒーは異種だが、見事に融合する。本とコーヒーが同じテーブルに並ぶひととき。死んでもいいとまでは思わないが、さらなる至福への強欲が一時的に抑制される。満たされることに謙虚になれる。

📚☕

オフィスに作ったブックカフェ風スペース“Spin_off”の一角。
本とコーヒーのための演出を凝らしたメルシー(パリ)。

最近オフィスにブックカフェ風のスペースを開設した。ここに収蔵した数千冊はほとんどがぼく個人所蔵の古本である。買った新刊書が経年で古くなったのが半分、古書店で買ってきた古本が半分。パリ滞在中に何度か足を運んだメルシーも古本カフェだった。

📚☕

珈琲色には古本が合う。十数人入ると満席になる程度の狭いスペースだが、正式に公開していないにもかかわらず、ちょくちょく来客がある。コーヒーはお出しできるが、喫茶専門店ではないしお代もいただかない。ここでは「本とコーヒー」は「本、よろしければコーヒー」という感がある。

魅惑の青

オフィスの書棚に「フランスの伝統色」と「日本の伝統色」という見本帳があり、仕事の合間の休息時にたまに手に取って眺める。何百万色もある色のほんの一部の色が収まっているにすぎない。それでも色味の多種多様にはそのつど目を見張ることになる。

もっと驚くべきことは、ぼくたちがおびただしい色の繊細な違いを判別できるということだ。科学的にどの成分が多いとか少ないとか言えるはずもないが、肉眼はデリケートな違いを感知している。ディスプレイ上でも紙の上でも、似ているが微妙に違うということがわかる。

どの系統の色も多彩に派生するが、青びいきのぼくは青の豊穣さにほとほと感心する。ある意味で青はマニアックなのである。

(……)ブルーが私たちの護符、私たちの思索の中心だ。では、どういうブルーなのか? どのブルーなのか? 咳をする前に喉もとにあらわれるブルーなのか? 《Aアーは黒、Eウーは白、Iイーは赤、Uユー緑、Oオー青よ》と発音するときに、煙の輪のように私たちの口からまるくなって出るブルーなのか? (ウィリアム・H・ギャス『ブルーについての哲学的考察』)

いかに青がマニアックか、上の一文を読めばわかる。何のことかさっぱりわからないが、よくもこんな着想ができるものだと呆気にとられる。

☆     ☆     ☆

フランスの女性画家マリー・ローランサンについて詳しいわけではないが、偶然古書店で展覧会の図録を見つけ、ペラペラと繰って立ち読みした。彼女は最初キュビズムから絵画に入った。キュビズムの大御所ブラックと知り合い、その後ピカソとも交遊があった。やがてキュビズムから離れるのだが、やわらかい筆遣いの中にあってその痕跡がわずかに見て取れる。

何点かの肖像画を順に拾う。構図やタッチではなく、青遣いに目が止まる。わずかな面積の中に、それぞれ風合いの違う青なのだが、それぞれに絶妙なアクセント効果を演出している。

ブルーについて哲学的考察をするつもりはまったくない。上手に青を手の内に入れるものだと素朴に感心した次第である。そして、その図録はいま手元にある。

青が気に入っているからと言って、鮮やかな青の衣服を纏い、青で室内をコーディネートするわけではない。自分から切り離された自然や絵に現れる青だからこそ魅惑的に映るのである。

ロサンゼルス日記(7)ロデオドライブ

関西空港の検疫、入国、税関を通って2階から出て外気に触れた瞬間、ムッとした湿気と23℃の気温で汗ばみはじめた。この10日間、カリフォルニアも最高気温はたぶん同じくらいだったと思うが、湿度がまったく違う。サンフランシスコの朝夕は気温が下がり強い寒風も吹いていた。ロサンゼルス郊外のランチョ・パロス・ヴェルデスと近くのビーチも底冷えに近い感じだった。ただ、体感温度は人それぞれのようで、半袖半パン姿もいれば冬装束もいたのがおもしろい。

長らく聴き話す英語から遠ざかっていたため子どもや訛りのある英語は少し聞きづらかったが、話すことに関してはほとんど苦労はなく快適だった。気候も食材もいいし、カリフォルニアワインは日本で飲む以上に赤・白ともにおいしかった。カリフォルニア米もサシの入っていない重厚な牛肉も気に入った。けれども、自動車がないと身動きの取れない社会。ぼくにとってはサバイバルしにくい地域ではある。手軽に散策したり自在に街の路地を歩いたりできないのがやや辛かった。もちろん、それは風土の責任ではなく、ぼく自身の生活スタイルから派生する不便である。

若い頃から大勢のアメリカ人と公私ともに接してきた。そして、あらためて痛感し再認識したことがある。それは、日米最大の相違にして、わが国が未だ道険しい状況にある対話能力だ。彼らはどんなに小さなコミュニケーションでも口先でお茶を濁さない。誰かと話をすることは、極端に言えば、真剣勝負なのである。

外交辞令的に場をしのいでいる人間のメッキはすぐに剥がれてしまう。たとえば、二人が会話している時に勝手に割って入ってはいけないというマナー。逆に、二人で会話をしている時、一人がよそ見をしたり中断して他の誰かに話し掛けてはいけないというマナー。わが国では日々この二つのマナー違反に苛立つことが多い。会話の不用意な中断を自他ともに許してはいけないと思う。

さて、ハリウッドは車でざっと通るだけにして、滞在最後の午後の散策にはビバリーヒルズを選んだ。ロデオ・ドライブも歩いてみた。この種の観光スポットから受ける印象は、たいてい往来の人数によって決まる。人出に絶妙の匙加減が必要なのだ。どんな匙加減かと言うと、団体ツアーの観光客はやや少なめ、それより少し多めの個人観光客、そして同数の地元住民が散歩するという具合。これらがほどよい印象をもたらす。この日の正午前はちょうどそんな配分だった。

《ロサンゼルス日記 完》

P1030174.JPG
ロデオ・ドライブの目抜き通り。
P1030178.JPG
ドライブとはdrivewayのことで、小さな道を意味する。
P1030181.JPG
知る人ぞ知るPRADAだから店名を掲げる必要がないのか。
P1030200.JPG
スーツケースは箱で作ったディスプレイ。
P1030195.JPG
ロデオ・ドライブの一角。小道の左右にカフェやジュエリーの店が並んでいる。
P1030198.JPG
世界の有名デザイナーのブランドが集まるエリアのカフェ。
P1030196.JPG
ロデオ・ドライブのこの一帯が特に「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれるところ。

ロサンゼルス日記(6)ビバリーヒルズ

別に予定をびっしりと立てていたわけではないし、限られた時間では何かを捨てなければならないことは承知していた。なにしろ車という軸足が他人頼み。と言うわけで、ダウンタウンの様子は車の中からウォッチングするにとどめた。車を止めて、ビバリーヒルズ方面を少々散策。豪邸区域、すなわち億万長者たちの住む市街だけに、住宅価値を減じるものはすべて排除されている。美しい街並みを維持するために、住民と市当局による環境保全への取り組みと情熱は並大抵のものではない。

警察署の前にシティホールがある。1932年に建設された8階立ての建物。庁内を見学させてもらうことにした。一階と二階は自由に移動でき、建設局の部屋にも入れる。相談光景の撮影は控えたが、市民相談の窓口付近には書類や書棚は一切見えない。一対一でじっくり座りながら話をしている。まるでコンサルティングオフィスのようだ。人口の数が違うとはいえ、日本の市役所の味気なさと雑然としたさまとは対照的である。

ぼくは車を所有せず運転もしないので、最寄駅から徒歩数分以内のなるべく便利な都心の住みかにこだわってきた。しかし、住居空間や住宅様式に関するその他のこだわりはまったくない。だから、机と本棚さえ置けるスペースがあれば小さなアパートの一室でも平気だ。そんなぼくが、自分の生活様式とは無縁の超高級住宅街を車内からゆっくりと見て回る。

ビバリーヒルズの豪邸巡りをするとき、いったいどんな視点をもって観察し、どのような感想を漏らすべきか。月並みかもしれないが、この種の邸宅は間違いなく己のために建てられ構えられたものではないように思う。人は自分のためだけにこれだけの広さの土地にこれだけの豪奢な館を築くはずがない。強く他者や社会を意識しないかぎり、ここまでの贅を尽くそうとはしないはず。なるほど、そういう意味では、ヨーロッパ中世の貴族たちも現在のビバリーヒルズの成功者たちも「権威の発揚」と「見せびらかしの心理」という点ではあまり大きく変わらないように思える。

P1030229.JPG
映画やドラマのシーンによく出てくるビバリーヒルズ警察。
P1030231.JPG
警察周辺のストリート。
P1030226.JPG
ビバリーヒルズのシティホール(市役所)。
P1030233.JPG
意匠を凝らした市役所エントランスの天井。
P1030236.JPG
清潔でデザイン性にすぐれた男性トイレ。
P1030208.JPG
ビバリーヒルズ界隈の入口にあたる公園。
P1030254.JPG
庭と道の区別がつかない豪邸。
P1030240.JPG
ビバリーヒルズの典型的なストリート。
P1030263.JPG
一見するとホテルと見間違うような邸宅がそこかしこに「乱立」している。

ロサンゼルス日記(5)食の愉しみ

「食はどこどこにあり」とはよく聞く言い回しだが、食材の豊富さだけが食の本分ではない。それぞれの土地で評判になっているものを口にする――それが基本だ。食材の豊富さ、料理のバリエーション、味や凝り方に関しては、日本が世界の最高水準であることに疑う余地はない。

しかし、比較してはじめてわかるうまさなどどうでもいい。半月前に大阪で食べた寿司と数日前にカリフォルニアで食べたペルー料理の旨さを比較することにほとんど意味はない。今こうして食べている料理が、その場にいる自分にとってうまいかどうかがすべてなのである。空腹度、体調、ひいては屋外か屋内か、他のどんな食材と合わせて食べるかなどによって味は見事に変わる。

郷に入っては郷に従えこそが食の原点。ぼくは何でも食べる。いったん食べようと決めたら、太るとか健康によくないとか考えないことにしている。そう思うときは最初から口にするべきではない。前に紹介したレアステーキは、450グラムと書いたが、実は550グラムだった。高級な部類に入るステーキだが、8ドルと聞いて腰を抜かすほど驚いた。これを完食したぼくにも座布団一枚だ。もう霜降り幻想は捨てたほうがいい。

P1030004.JPG
近くの土曜マーケット。
P1030003.JPG
ペルー料理の屋台。二番人気のチキン焼きめしを賞味。
P1020987.JPG
見慣れない野菜もちらほら。
P1030021.JPG
1.5ドルのホットドッグ。トッピング過剰、食べ応え十分。
P1020994.JPG
メキシコ産のなすび。50cmほどの驚きの長さと見慣れぬ形。
P1030274.JPG
豊富なフルーツの種類。特に桃の品種が多い。
P1030029.JPG
COSTCO(コストコ)の陳列はすべてダイナミック。
P1030034.JPG
レジを通過した直後の壁に貼ってある「会員サービス優秀従業員一覧」。
P1030035.JPG
レジで処理する個数、スピード、ミスの少なさなどに基づいてランキングを毎日更新して発表している。
P1030097.JPG
モールのカーニバルフェアはさしずめ夏祭りか。アメリカ人と言えば「ポップコーン大好き」というステレオタイプな印象があるが、まったくその通り。一人で洗面器一杯分を食べている人がそこらじゅうにいる。
P1030215.JPG
ビバリーヒルズで注文したハンバーガー”クラシック”。
P1030216.JPG
手前がベーコン添え。右がオニオンリング。
P1030212.JPG
バーガーショップのカウンターに置かれているジュークボックス。音楽はここからではなく、店内のスピーカーから流れる。60年代の曲が多かった。ニッケル(5セント硬貨)1枚で1曲。興味を示していると、店長が硬貨を数枚置いてくれた。つまり、ただということだ。

ロサンゼルス日記(4)ランチョ・パロス・ヴェルデス

聖書やキリスト教についてまったく無知ではない。歴史についても少しは勉強してきた。だが、クリスチャンではない。そのぼくが旅行のたびに教会を訪れるのは、山がそこにあるから登るように、そこに教会があるからだ。決してギャグのつもりではない。教会があるから教会を訪れる――これは、欧米の地では教会を避けて街歩きしたり佇んだりすることが不可能であることを意味している。とりわけ教会を中心に都市の構造が形成されているヨーロッパでは、教会を抜きにしては街への理解は進まない。

日曜日、ローリング・ヒルズ教会(Rolling Hills Covenant Church)に行ってみた。もちろん教会だから多少の儀式色はあるが、空気はフランクである。ペテロの第一の手紙第3章の7「夫たる者よ。あなたがたも同じように、女は自分よりも弱い器であることを認めて、知識に従って妻と共に住み、……」に始まり、途中エペソ人への手紙第5章の22「妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。」から、同33「いずれにしても、あなたがたは、それぞれ、自分の妻を自分自身のように愛しなさい。妻もまた夫を敬いなさい」までの話を関連づける。

空気を変えるのは場か、自分自身か、他人か、それとも自然か。いや、これらだけでもない。時間というのもあるしテーマもある。しかし、その教会でぼくが感じた空気の変化は明らかに牧師(pastor)のことばによるものであった。スピーチではなく語りかけである。強弱もあり緩急自在。総じて早口なのだが、絶妙な話しぶりだ。頭脳明晰、ユーモア、教養はことばに現れる。誰かに何かを説くことに関して新たな勉強になった。

車で15分圏内のマリンランドとその近郊のシーンが印象的だった。お世話になっていたパロス・ヴェルデスの住宅街にはあちこちに白い柵があり、馬道がつくられている。乗馬センターの馬ではない。このあたりの住民は自宅で馬を飼っている。道路を渡るときの信号押しボタンも、歩行者用の位置と馬上から押せる位置の両方にある。

P1020917.JPG
住宅地一帯が壁で囲まれた「〇〇が丘団地」は、”Gated community”と呼ばれる。
P1030086.JPG
馬のお散歩は日常の光景。
P1020922.JPG
近くのモールの書店。全ページ総カラー512ページの”The Every Day CHICKEN Cookbook”(毎日のチキン料理集) と、これまた総カラー544ページの”501 Must-Read Books”(501冊の推薦図書)を買った。
P1020931.JPG
土・日曜日に開催されるカーニバルフェア。
P1020932.JPG
遊園地は駐車場に特設される。子どもだましではなく、本格的なものだ。
P1030280.JPG
クジラがやって来るマリンランドの岬と灯台。
P1030286.JPG
海の青が濃さが際立っている。
P1030297.JPG
遠くに見える海岸線を辿っていくとサンタモニカに達する。
P1030293.JPG
マリンランドから北方面を見る。
P1030301.JPG
岸壁から数十メートルのところに高級住宅地が居並ぶ。一本の木を挟んで、左手にやや懐古趣味的な住宅、右手に対照的なガラス張りのモダンな家。

ロサンゼルス日記(3)青空と肉食の日々

滞在しているのは日本人の従妹の住まい。彼女は日本の大学卒業後にアメリカの大学院に留学し、そのまま居ついてしまった。会計監査法人などの勤務を経て、現在ホンダ・アメリカの財務部の要職に就いている。ご主人も同じ会社のITスタッフだ。ホンダの敷地内に入りオフィスの中まで見学させてもらった。社長や役員用の個室はない。みんな”フラット”である。デスクはパーティションで区切られ、マネジャー職以上のスペースはやや広いものの、自由闊達な空気を感じる。

夫妻には6歳になる三つ子がいる。今年9月に小学1年生になるこの子たち――男の子二人と女の子――はものすごくエネルギッシュで日々忙しい。月曜日から金曜日まで9時から8時間義務教育の幼稚園に通っている。ふつうは午後2時頃までらしいが、両親が働いているので5時まで面倒見てくれる。土曜日には日本の学校法人が経営する日本語学校へ。そして日曜日は10時半から正午過ぎまで教会の日曜学校だ。

住居は住宅街のど真ん中。住宅以外は学校と教会と医院があるばかりで、コンビニもショップも何もない。一番近いモールまで徒歩30分。歩く人はまずいないが、ぼくは歩いた。歩くしか手段がないからだ。自転車はあるが、坂道なので、行きはよいが帰りはつらい。とは言え、夕方から夜にかけてジョギングや速歩をしている人たちもいる。とにかく景観がいいので、ジョギングにも散歩にも最適な環境だ。

ロサンゼルスの中心街から南へフリーウェイで約50分、国際空港からは30分くらいのロケーション。海辺までは少し距離があるが、高台なので海岸もよく見える。日曜日の昼に庭でバーベキューをしてくれた。こちらに来る前の想定通り、今日まで肉食中心の生活になっている。体重は23キロ増えたに違いない。陽射しは思ったほど強くはないし、日中も暑さを感じない。その証拠に、ぼくはずっとフリースの裏地がついたウインドブレーカーを着ている。

P1020885.JPG
家の近くの遊歩道から見下ろせる岬には住宅が建つ。
P1020895.JPG
海岸近くには住宅街が広がる。 
P1020908.JPG
この海岸をリアス式と呼ぶのだろうか。
P1020904.JPG
遊歩道のあちこちに野生のサボテンが棲息している。
P1020916.JPG
周辺の住宅街。北海道を思わせる佇まいである。
P1020877.JPG
象徴的な「この木何の木」。
P1030123.JPG
自宅のバーベキューコーナー。
P1020978.JPG
自宅の庭。ソファ式のブランコで揺られると、うたたねしてしまう。
P1020977.JPG
庭から見る自宅の裏側。
P1020979.JPG
ブランコに座って海の水平線を眺める。野生のクジャクのつがいがやってくる。
P1030126.JPG
バーベキューパーティー。一枚約80グラムの骨付きカルビ。
P1030125.JPG
手のひらサイズのキノコとエビの串焼き。
P1030303.JPG
別の日のレアステーキ。右上のワインのコルク栓と比較すれば大きさがわかる。これが一人前。たぶん450グラムくらい。どうにかこうにか完食した。お礼にシーフードのお好み焼きを焼かせてもらった。子どもたちに「やみつきになるおいしさ」と褒めてもらった。

ロサンゼルス日記(2)夕暮れのビーチ

ロサンゼルスから海岸を南へ下ると有名ビーチが目白押し。サンタモニカ、マンハッタン、エルモサ、レドンドと続き、岬を東へ折れてからロイヤル・パームズへ。その次が都市名にすらなっているロングビーチ。すべて観光地で、全米はもとより海外からの来訪者が絶えない。6月はまだハイシーズンではないが、学校が休みに入る中頃からは賑わいを見せる。

レドンドビーチまでドライブした。もうだいぶ暗くなっていたので海の色もわからない。シーフードレストランが軒を連ねて並んでいる。よく見ると、コリアン風やジャパニーズ風という店もある。ジャパニーズ風には当然のように“SUSHI”という表示がある。

Old Tony’sという店に入った。生ガキにカニコロッケ、それにサンフランシスコでも食べた小イカのから揚げ「カラマリ」をここでも試してみた。実はすでに自宅で夕食を済ませてから出たので、これは夜食ということになる。

ちなみにカリフォルニアロールはサンフランシスコ空港で出発待ち時間に食べてみた。まずまずの味で合格点をあげてもいい。いま手元にレシートがある。値段は5.95ドルで6切れ。「お~いお茶」のペットボトルが驚きの3.75ドルなので、巻き寿司がまあまあの値段に思えた。このお茶に天ぷらうどんと寿司の盛り合わせを食べているビジネスマンがいたが、30ドルくらいのランチになっていたはず。

レドンドビーチに行った翌日にラグナビーチまで足を運んだ。サンディエゴ方面におよそ60マイル(約100キロ)のところ。このビーチ近辺では職住型のアトリエを構える芸術家が多いと聞いた。通りに沿ってアートギャラリーも目立つ。カフェレストランやバーも意匠を凝らしてある。海外からの旅行者を意識した観光地ではなく、地元住民が集うスポットだ。アメリカ人らしくなく、ドレスアップしている若者たちもいる。

レドンドビーチ(Redondo Beach

P1020968.JPG
5秒間露光で撮った夜景。
P1020942.JPG
夜釣りを楽しむ人たち。小ぶりなサバを釣っているという。
P1020947.JPG
シーフード目当てに入った店。
P1020958.JPG
夜景を楽しめるよう店内を思い切り暗くしてある。
P1020969.JPG
桟橋近くには何艘ものボートが繋留されている。 
P1020938.JPG
カニはまずまずの好物だが、生きたまま群れている姿を見ると、食欲は高まらない。

ラグナビーチ(Laguna Beach

P1030040.JPG
サンセット間近。海の東側。
P1030041.JPG
こちらは西側。東側と比べると明暗の差がはっきりとわかる。
P1030042.JPG
まだ空に青みが残る、日没直後の海岸線のシルエット。
P1030058.JPG
土曜日の夜だったせいか、ストリートはよく賑わっていた。
P1030064.JPG
夕暮れの後も絶妙の明暗構図がしばらく楽しめる。
P1030067.JPG
レドンドではうまくいかなかったストロボが機能してくれて、写真が撮れた。これはいわゆる「海鮮盛り合わせ」。3種類のソースがついてくる。

ロサンゼルス日記(1)ドジャースタジアム

ロサンゼルスは日本時間から16時間遅れ。たとえば日本の火曜日の午前745分は、こちらでは月曜日の午後345分。ロサンゼルス郊外、市街から南へ約時間、海岸沿いにあるランチョ・パロス・ヴェルデスの親戚の家にいる。

午後5時、ドジャー・スタジアムに出掛けた。言うまでもなく、ロサンゼルス・ドジャースのホームグラウンドである。対戦相手はフィラデルフィア・フィリーズ。途中、バスケットボールのファイナルの会場前を通ると、レイカーズファンでごった返していた。ほぼ同時刻のスタートなのでどっちを観戦するか迷ったファンもいるだろうが、レイカーズのほうは数万円にまでチケットが跳ね上がっていたらしい。

さて、スタジアムで陣取った席はドジャース側、つまり三塁側ブルペンの少し上。一塁側だと直射日光を浴びるが、ちょうど陰になった直後の好位置。しかし、5イニング頃からは冷えてきた。3イニング終了時点で名物のホットドッグ「ドジャードッグ」を頬張る。ロサンゼルスに来て過食気味なので、夕食はこれとコーラだけ。いかにもアメリカンな食事だ。ぼくの前の列の四人家族などは試合もそっちのけで、次から次へと飲み食いしていた。

野次はそこそこあるが、「かっとばせ~」というのがない。一球ごとに電子オルガンが鳴ったり拍手が起こることもあるが、一投一打の一瞬はシーンとする。おまけに申し訳程度のバックネットが少しあるだけで、ぼんやりしているとネット越えのファウルボールが危ない。甲子園のようにファウルグラウンドが大きくなく、観客席のすぐ前に三塁コーチが立っているほどの接近感。ファウルボールは日本の倍は飛んでくる。

3回裏、数メートル左手にファウルボールが飛んできた。一人がはじき、そのはじいたボールを取ろうとした直前の列、すなわちぼくと同列の三、四人向こうの男性がこれまたはじき落とす。その落としたボールがバウンドせずにちょうどぼくの足の下に転がってきた。もちろんこのチャンスを見逃すはずもない。何の苦もなく足元のボールを拾った。旅行者の漁夫の利である。

年間チケットを購入するほどのドジャースファンで20年来通い詰めてもゲットできない人がいる。試合後にオフィシャルショップでシャツか帽子でも買おうと思っていたが、そんなものどころか、千載一遇の宝物となった。

P1030129.JPG
駐車場から臨むスタジアム。
P1030135.JPG
外観同様、球場がコンパクトに見える。ファウルグラウンドが狭いせいだ。 
P1030136.JPG
フィリーズ側に若干空席があるが、ほぼ満員。
P1030140.JPG
絶好の席に陣取るもチケットは75ドル。
P1030148.JPG
レフト側のビジョン。
P1030143.JPG
KISS CAMタイムには画面に映った人がキスをする(ことになっている)。
P1030150.JPG
チャンスが到来すると観客は一斉に立ち上がることもあるが、日本のように頻繁ではない。
P1030153.JPG
ドジャースはヒットを量産するものの、手に汗握る場面は来ない。
P1030161.JPG
敗北濃厚ゆえ、9回には出口側へ移動して観戦。ここもなかなかの位置どりだ。
P1030271.JPG
希少な記念品になった、微妙な汚れのついているファウルボール。

サンフランシスコ日記(5)アラモ・スクエア

ひとまず今日でサンフランシスコは最終回。

何から何まで写真に収めたわけではないが、ユニオン通りやサクラメント通りなどの代表的なストリートを歩いてみた。ゴールデンゲートブリッジの近くには行っていない。少し離れた所から撮影したが、お見せできるほどの出来ではない。サンフランシスコ近代美術館も近くまで行ったが、入館も外観見学の時間がなかった。

数ある名所の中から最後に選んだのはアラモ・スクエア(Alamo Square)。午後4時頃、まずノブヒルのホテル前のカリフォルニア通りからケーブルカーとバスを乗り継いでシビックセンター(Civic Center)へ向かった。ここは市役所などの行政関連のビルが群を成す官公庁街である。地図ではここから西側にアラモ・スクエアなのだが、バス乗り場が見つからない。だいたいの見当をつけて2キロメートルほど歩くことにした。途中のヘインズ通りがヨーロッパの街並みによく似ている。イタリアンの店のお兄さんは「ボナセーラ(こんばんは)」と声をかけてくる。

この道でいいのかと不安になりながら、やっとスタイナー通りに出た。ここがアラモ・スクエア。名所になった理由の一つはビクトリア朝様式の家が建ち並ぶからだ。ただし様式であって、古い家々ではないし、これだけなら名所にはなりえない。これらの家々の背景に、まるで映画のセットのようにサンフランシスコの現代が控える構図がおもしろいのである。ガイドブックにはまるで「絵はがき」と書かれている。ぼくの写真もそう見えるだろうか。誰でもこの程度の写真は撮れると思うが、午前や午後の早い時間は逆光になるためうまくいかない。晴天の夕方前がベスト。

出発の朝、せっかくなのでノブヒルの一番高い位置まで散歩した。坂のある風景を見晴らす絶好の締めくくりとなった。

《サンフランシスコ完》

P1020811.JPG
市役所(City Hall)。
P1020809-1.JPG
シビックセンター周辺は木も芝生も緑にあふれ、よく手入れされている。
P1020816.JPG
ヘインズ通りの家並み。住宅と坂の構図が絶妙。
P1020819.JPG
アラモ・スクエア近くの交差点。
P1020824.JPG
ビクトリア朝風の住宅と現代の高層ビルの対比。
P1020827.JPG
まるで前景と後景を合成したように見える。
P1020848.JPG
最終日の朝。元メジャーリーガー、レフティ・オドールゆかりのカフェへ。
P1020851.JPG
ボリュームたっぷりの朝食メニュー。
P1020835.JPG
ダウンタウンの中心ユニオン・スクエア。南北戦争時の北軍(ユニオン)支持派の集会が開かれたことにちなむ。公園の地下を駐車場にしたのはここが世界初と言われている。
P1020868.JPG
サンフランシスコで一番高いノブヒルから臨む湾。まるでジェットコースターのような趣だ。