“Don’t give up”と「がんばれ」

日本人は何かにつけて「ネバーギブアップ」と言う傾向がある。和製英語ではなく、れっきとした英語(”Never give up!”)だから問題はない。しかし、もう一つ、”Don’t give up!” という表現があるのをご存知だろう。3月13日付の英国紙 The Independent ではこちらのほうを使っていた。

 “Don’t give up!” ではなく、なぜもっと強そうな語感をもつ “Never give up!” のほうを使わないのかと疑問を呈した知人がいた。この記事の英語を見て、同じような違和感を覚えた人は少なくないかもしれない。

The Independent.jpgこれがその記事である。日本に対しても東北に対しても「ドントギブアップ!」と呼びかけている。これを「がんばれ」と訳したのか、「がんばれ」という日本語を「ドントギブアップ!」に訳したのかはわからない。「がんばれ」についてコメントしたいことがあるが、その前に英語のニュアンスの勉強を少々。

「ドントギブアップ」と「ネバーギブアップ」の違いについて、マーク・ピーターセン著『心にとどく英語』の「英語の時間感覚」という項目の箇所に興味深い記述があるので、少し長いが引用しておこう。

とある日、東京でテニスの試合を観ていたとき、相手の速いサーブに圧倒されていて勝負をあきらめてしまいそうな外国人の選手を励ます掛け声として “Never give up!” というのを聞いて奇妙に感じたことがある。当然、いま頑張っているこの試合を「あきらめちゃいかん! がんばれ!」という励ましのつもりだとは分かったのだが、それなら、英語では “Never give up!” ではなく、”Don’t give up!” と言うのが普通である。”Never give up!” の “Never” (=not ever) は、この力強い励ましを一般論にしてしまう。「人生は、やることを最後まであきらめずにやるものだ」と、試合中に言われても、選手の方も困るだろう。

いうまでもなく、never は、「いつであろうと~でない」という意味を表わす時間的表現である。”Never” をここで使ったのは、おそらく強調、つまり「絶対に」といったくらいのつもりだったのだろうが、このごく些細な例は、「時」に対する柔軟性に富む日本語と、「時」に対して神経質な英語とのすれ違いを象徴的に現しているように思えるのである。

☆     ☆     ☆

“Never” にすると普遍的な教えになってしまうというニュアンスがわかるだろうか。「人生、何があろうとも、未来永劫、あきらめてはいけない」という教訓を、いまこの事態の最中で垂れるのは場違いなのである。直近の苦難を受けてのメッセージ、たとえば「おぞましいほど大変なことがあったけれど、あきらめないで! 応援しているから」という気持ちを速やかに伝えるには、”Don’t” のほうがふさわしい。

ところで、ぼくには「がんばれアレルギー」がある。つい先日も書いたのだが、ことばを失うほど深刻な状態にいる人々に「がんばれ!」などとは言えないのである。幼い子どもがフーフー言いながら階段を上がろうとするとき、「もうちょっとだ! ほら、がんばれ!」などと励ます。しかし、政治家の「がんばろう!」はしっくりこないし、周囲で叫ばれる「明日からがんばります」の声も醒めて聞いている。なぜだろうかと考えたら、「がんばる」と誓う人ほどあまり頑張ってくれず、また他人に「がんばれ」と声を掛けているわりには本人が頑張っていないことがわかった。要するに、「がんばる・がんばれ」があまりにも空(から)のスローガンに終わっているのを見過ぎてきたのだ。

少なくとも、英語の “Don’t give up!” はそのまま「あきらめないで」でいいと思う。口癖のように、社交辞令のように、安易に「がんばれ!」と言う舌を慎みたい。では、ぼくがアレルギーになっている「がんばれ」に代えてどんな表現がいいだろうか。残念ながら、オールマイティな適語が思い浮かばない。ただ、「がんばれ」よりも実体がよく見える、志向的なことばを適時適所で使いたいと思っている。

投稿者:

proconcept

proconcept

岡野勝志(おかのかつし) 1951年大阪生まれ 企画の総合シンクタンク「株式会社プロコンセプト研究所」所長 企画アイディエーター 岡野塾主宰 ヒューマンスキルをテーマにしたオリジナルの新講座を開発し、私塾・セミナー・ワークショップ・研修のレクチャラーをつとめる。 マーケティング、コミュニケーションにまつわる企業や人

「“Don’t give up”と「がんばれ」」への4件のフィードバック

  1. 「かんばれ!」
    私は、
    「逃げるな」
    「受け身になるな」
    「正々堂々」
    「とにかく笑顔で!」
    といった言葉に頭の中で訳して受け止めているようです。
    いろんなニュアンスになるので「がんばれ」とつい使って
    しまうのでしょうね。
    私も、人に対してはなるべく使わないようにしています。
    (私の場合は、意味合い、とは別の理由で使っていない
    部分もありますが(笑))
    自分にかけられたら、訳して受け止めています。

  2. 相変わらず硬派な意見ばかりでごめんなさい。「がんばってくださいね」と本心で言えているのならいいのです。でも、このことば、便利な社交辞令になっているし、「がんばります」という誓いも逃げ口上になっているような気がしてならないのです。昨日ザックジャパンに「がんばれ!」と声援して、その同じ表現を困っている人にそのまま使うことにぼくは躊躇してしまうのですね。困っている人にはそれぞれの悩みがあるから、一律ではぼくの気持ちがすっきりしないのです。ちょっと頑なかもしれませんが、思いに近い表現を見つけることに怠慢であってはいけないと思っています。

  3. 先生のおっしゃっていることを理解できておりませんでした。
    よくわかりました。失礼しました。
    「がんばれ」に限らず、どんな言葉でも、それを発するとき、
    その場、その内容を同じにする人々が、「一致」に近い思いや
    イメージを持てるよう、常に自分に問いかける。
    これからやっていきます。

  4. 再度のコメントありがとうございます。ついでに別の視点からぼくの意見を述べておきます。「がんばれ!」を単発で使うときと、単発で使ってはいけないときがあると思っています。スポーツなら「がんばれ!」だけでいいでしょう。しかし、何をどのように頑張るかを示したり支援できるなら、そうしなければなりません。「がんばれ!」と鼓舞だけして知らん顔しているよりも、頑張る対象と方策を明確にしてあげないと空回りする人がいるのです。リーダーの地位についている人なら、そのことを心得ておくべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です