線描の時間

テーマはなく何本かの線だけを引き純正のラインアートだと自画自賛

わからない何時間も読み込んだのにサクサクわかる本がわからない

風物詩はほとんど消え去りかろうじて餅つき機のみ風習を継ぐ

「なるほど」が共感ではなくてただの癖だと見破った時の空気が微妙

ガイジンを昭和なと形容したらそれはトランプのことだろうと誰かが言った

筆を持ち林檎を一つ持ち合わせても林檎筆にはならぬ不条理

要するに形の中でほんとうに ノイズが踊る彼の感想

文字がなくもちろん本も書店もなくライブ伝誦していた時代

書くことは語ることより考える自分を表わす油断禁物

表象は浮かんでいるが午後のカフェは言葉を封じ苦吟を強いる

投稿者:

proconcept

proconcept

岡野勝志(おかのかつし) 1951年大阪生まれ 企画の総合シンクタンク「株式会社プロコンセプト研究所」所長 企画アイディエーター 岡野塾主宰 ヒューマンスキルをテーマにしたオリジナルの新講座を開発し、私塾・セミナー・ワークショップ・研修のレクチャラーをつとめる。 マーケティング、コミュニケーションにまつわる企業や人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です